卒業生インタビュー

interview
吉川真矢さん

吉川 真矢2006年 美容科卒業

勤務先

LUKE フリーヘアメイク

吉川さんのお仕事について教えてください。

福岡・大名にあるLUKEというサロンでスタイリストをしています。
フリーのスタイリストとして活動しているので、ブライダルやPV撮影など依頼があれば外部でのヘアメイクの活動もしています。

お仕事のやりがいとは?

お客様から必要とされることが私のやりがいです!
美容師は、努力した先にお客様から必要とされるというご褒美が待っています。たくさんの壁にぶつかって乗り越えてきた今、お客様から元気がでる!美意識あがる!悩みが解決した!明日からまた頑張れる!など、多くのうれしいお言葉をいただけて自分の誇りとやりがいにつながっています。

熊本ベルェベルを選んだ理由とは?

早くから美容学校に行きたいと思っていたので、オープンキャンパスには熊本の学校はすべて、福岡の学校もほとんど行っていました。
中でもベルェベルのオープンキャンパスは、実際にワインディングをさせてくれたり、先生たちが優しかったりと、とっても楽しかったんですよね。しかもその時、オープンキャンパスで友達ができたんです!その友達と「ベルェベル行きたいね〜」とやり取りをしていたことも大きかったですね。その友達とは、入学したらクラスも一緒でビックリ!今でも仲が良いんですよ。いろんな美容学校のパンフレットをよく見ていましたが、ベルェベルのは面白かったし、学費サポートの制度があるということも、決めた理由のひとつですね。

ベルェベルで学んで今に活かされていることはありますか?

グループリーダーを任せていただいていたのですが、みんなに指示を出したり、やる気を出してもらうことはとても大変でした。
みんな高校卒業したばかりで個性もバラバラで……。それぞれに同じように声をかけてもだめなので、一人ひとりに合わせて話を聞いたり、やる気を持ってもらえるよう伝えたりしましたね。そんな個性の強いみんなをまとめるという日々だったので、常に人の気持ちを考えるという習慣が身についたことは、とても役に立っています。特に、お客様にもその日の気分や思いがあるので、カウンセリングの際に、最初の表情や様子を見て感じとって、寄り添った接客をするようにしています。グループリーダーをさせていただけたことで、人前に立つ勇気も持てて、ハキハキと笑顔で話せることは自分の強みにもなりました。そのおかげで長く勤めたサロンでは、店長を任せていただきました。

福岡で仕事をするにあたって、
熊本で学ぶことは不利ですか?

卒業後は福岡で就職をしたいと思っていたので、就職活動の時には福岡の美容学生に負けないように日々面接などの練習に励みました。福岡の学生は希望するサロンに通って、スタッフの方に覚えてもらうなど早くからアピールをしているんですね。なので私は、サロンに自分で連絡を入れて面接とサロンワークの際にアピールをがんばった感じです。面接では、想いがあふれすぎて泣きましたよ(笑)。そしたら受かりました!
熊本で学ぶことは不利ではありません。ベルェベルで教えてもらったことや身につけたことは、どこにも劣っていない。就職活動の際の面接の指導なども先生たちが親身にサポートしてくれますし、技術はとにかく練習して身につけます。私は、細かく何がだめなのかを研究することを、2年間通して必ず行っていました。福岡でも熊本でも就職活動の際には自己アピールがとても大切です。学生生活を通していろんな場面でしっかり自分をアピールしていくことが大事だと思いますよ。それをベルェベルで実践し、学んでほしいなと思います。

美容師を目指す高校生へメッセージ

美容師は、努力の先に「私個人がお客樣方に必要としていただける」というご褒美が待っています。技術だけできてもダメで、人間性だけ良くてもダメで。お客様に人として必要とされることが、私のやりがいです。自分で何かを作りたい、人が好きで、人と接することが好きな方に向いていると思います。
美容師は、自分を思いっきり出せる職業です!人と違うから良いんです!それが個性になって美容師になった時に強みになります!ルールなんて無いから、たくさんおしゃれをしてください。たくさん本を読んでください。いろんな場所へ出かけてください。きっと、アナタだけのファンができます!