卒業生インタビュー

interview
吉田瀬里乃さん

吉田 瀬里乃2003年 美容科卒業

勤務先

OPS HAIR feliz天神店
トップスタイリスト

吉田さんの仕事について教えてください。

スタイリストとして15年になりますが、今は結婚し2児の母でもあるため時短勤務で美容師の仕事をしています。施術できる時間が短いのに、私を指名で来てくださるお客様にはとても感謝しています。日々、全力でお客様の綺麗のお手伝いをさせていただいています。母として、美容師として毎日楽しく充実した日々を送っています。とてもうれしそうに帰って行かれるお客様の姿を見るたびに美容師をやっててよかったといつも思います。

この業界・仕事を目指されたキッカケは何ですか?

中学生か高校生になる前くらいに、初めて街なかの美容室へ行った時にすごく刺激を受けました。住んでいた所が田舎ということもあって、都会的でかっこよく見えたんでしょうね。こんなキラキラした仕事があるんだって思って、憧れになりました。スタッフの方もかっこよくて優しかったんだと思います。足を運ぶ度に気持ちが膨らんでいって、最終的に「やっぱり私も美容師になろう!」と決めました。最初は高校を卒業してそのままサロンで働こうかなとも考えましたが、専門学校に行った方がしっかりと学ぶことができるし免許も取れるので、専門学校に行くことにしました。

熊本ベルェベルを選んだ理由とは?

大分県の出身なんですけど、県外に出たくて。でも、あまり遠すぎるのは……と思って、福岡と熊本のオープンキャンパスに行きました。熊本で行ったのはベルェベルだけだったんですけど、同じ高校の先輩も行っていたとかで、学校の紹介で行きましたね。当時は「コレ!」という理由はなくて、雰囲気や、そこに来ていた同じ高校生達を見て決めた感じです。学校生活は、同じ夢を持った友達がたくさんできて、いろいろな話をすることもできて、本当に毎日が楽しかったです。今でも、やっぱりベルェベルに行って良かったなと思っています。

ベルェベルで学んで今に活かされていることはありますか?

ベルェベルで学んだ基礎技術はずっと必要なことなので、学校で教えていただいたことは今でもずっと活かされています。あと、挨拶にしても話し方にしても、社会人として基本的なことは厳しく教えていただきましたね。先輩・後輩間で仲が良くても、上下がハッキリしていたので、その中でもちゃんと礼儀があって。これを身につけられたから、どこに行ってもやっていけるんだと思います。おかげで、就職後は多少のことではヘコたれないようになりました(笑)。メンタル面でも強くなったと思います。

福岡で仕事をするにあたって、
熊本で学ぶことは不利ですか?

私は美容学校卒業後、愛知県のサロンで3年間勤務をした後に、九州に戻りたいという気持ちと、おしゃれな人たちがたくさん集う場所で自分も刺激を受けながら働きたいと思い、福岡の現在のサロンに入社しました。県外、九州外で働いてきましたが、ベルェベルで学んだことは、どこに行っても通じることなので不利だとは思いません。例えば、授業でオールウェーブの課題があってとっても苦手だったんですけど、ちょうど国家試験の課題にもなっていたので一生懸命練習をしました。家に持ち帰ってやってみたり、先生や友達に聞いたりしてとにかく必死で。おかげで上手くできるようになって、国家試験もパスできました。技術的なこと、特に苦手なことをすぐに先生に尋ねられるのは学生の特権。学校でできることは熊本であろうと福岡であろうと変わらないと思います。

美容師を目指す高校生へメッセージ

美容師になった時、この仕事を一生続けようと思っていました。美容師として働き出して15年経ちますが、今は結婚して2児の母として時短勤務で働かせていただいています。そのため、時間を合わせて来ていただいているお客様を全力できれいにさせていただけるこの仕事を、毎日楽しんでいます。そしてとても嬉しそうに帰って行かれるお客様の姿を見る度に、「美容師をやっていてよかった」といつも感じますね。美容師は、環境が変わってもずっと続けられる仕事だなと思うし、世界も広がるし、いろいろなことができる仕事です。これからたくさんの人に出会ってたくさんのことを学んでいくと思いますが、美容師としてだけでなく、人としても成長させてくれる職業です。夢は諦めずに、努力すれば絶対に叶う職業ですので、ぜひがんばって、これからの美容業界で活躍してください!